住む、ということをデザインする。



本来、「住まい」とはどうあるべきなのでしょうか?

広くたくさんの人をターゲットとする分譲マンションは、
いつのまにか個性のないお仕着せの住宅ばかりになってしまいました。
また日本においては、家は「創る」ものではなく、
「買う」ものであるのが当たり前のことになってしまったのも現状です。

しかし、今日のように人それぞれに多様化していくライフスタイルや感性を包むには、
「住まい」はもっと自由でなければならないのではないでしょうか。

「住まい」づくりの基本。

ゼロワンオフィスはそれを、
ライフスタイルに合わせて自由にゼロから創りあげることだと考えています。

ゼロワンオフィスでは、直接、設計者が施主と打合せを行い、設計図を書き、
工事監理から完成後の定期検査まで通してお付合いさせて戴く本来の姿があります。

施主のご希望を理解し、最適な提案・助言を通してプラスアルファのものを作り上げる。
その結果として施主により深い満足をして戴くのが専門家たる姿と考えています。
単に施主に言われたとおりに設計する存在ではありません。

さまざまな施主のご要望のパズルを解く楽しみ、
それを形に置き換え実現させる喜び、
一つ一つが自分の作品でもあると愛着と誇りを持ちつつ、施主の幸せを共有できる。

そんな幸せな仕事をする設計集団です。