竣工プロジェクト:コーポラティブハウスtreo / 成城
Outlineへ 次へ 閉じる
 
前へ 次へ 閉じる
 
前へ 次へ 閉じる
 
前へ 次へ 閉じる
 
前へ 次へ 閉じる
 
前へ 次へ 閉じる
 
前へ 次へ 閉じる
 
前へ 次へ 閉じる
 
前へ 次へ 閉じる
 
前へ 次へ 閉じる
 
前へ 次へ 閉じる
 
前へ 次へ 閉じる
 
前へ 次へ 閉じる
 
前へ 次へ 閉じる
 
前へ 次へ 閉じる
建物を包む2枚の壁、「重なり」と「狭間」。風や光を捉える杉板ルーバーとコンクリートハツリ仕上げの壁は、 建物との「重なり」を作り出すことで、奥行きのあるファサードをつくります。 「狭間」にはブリッジが渡り、壁の表裏には立体的に 階段を絡めることで、楽しげなアプローチとシークエンスを作り出します。 新たに各住戸にマイツリーや豊かに植栽を設けることで、身近に四季を感じられるコーポラティブハウスとなっています。

     
・建築名称  treo
・所在地 東京都世田谷区砧
・竣工 2011年11月
・総戸数 7戸
・構造 RC造 地下1階地上3階
・設計協力 橋本直明建築設計事務所
・共同コーディネート タウン・クリエイション
・施工 松尾工務店
・撮影 繁田諭(Nacasa&Partners)
 
前へ 先頭へ 閉じる