Q&A コーポラティブハウスのギモン

Q コーポラティブハウスのデメリットやリスクについて教えてください。

A
コーポラティブハウスにはモデルルームが無いこと。
そして参加すると、竣工までの期間、設計打合せやショールームの見学、建設組合の総会などに休日の時間を使わなくてはいけないことが、大きなデメリットだと言われています。

しかし、このデメリットを楽しむことが、自由設計の家に住むというコーポラティブハウスの1番の醍醐味です。
実際、竣工と同時にもう一度参加したいといった声を良く聞いています。

また、リスクとしては、分譲マンションと違い、参加者の集合体である建設組合が建築主となりプロジェクトを進めていきますので、近隣保障・地中障害・自然災害などの不確定なトラブルが発生する可能性があります。

これらは原則、建設組合の自己責任となりますが、プロであるコーディネーターのサポートや事業費内に事業経費(総事業費の2~5%)を見込んでいるため、これまでのプロジェクトでは大きな問題なく進めることができております。

ページTOPへ戻る

Q 住戸価格はどのように決定しているのでしょうか?

A
始めに、工事費、土地費、設計・コーディネーター費、事業経費などの、建物自体に関わる必要経費のみの積上げによって総事業費を決定します。

その後、面積、階数構成、インフィルの形・向きなどを総合的に考え、それぞれの住戸価格を決定しています。

原価主義のコーポラティブハウスにおいては、分譲マンションのような広告宣伝販売費、事業主利益は一切かかりません。

ページTOPへ戻る↑

Q 住戸価格は一般的な内装仕上げ、各種設備も含んでいるのでしょうか?

A
当サイトやパンフレットに掲載されている住戸価格には、
住戸ごとにシステムキッチン、ユニットバスなどの一般的な内装仕上げ、各種設備を想定したインフィル工事費の「予算」を含んでいます。

また予算には、具体的な内訳や製品等は想定しておりません。
なお、お申込み後は白紙の状態から設計を行いますので、住まい手の選択によってインフィル工事費には差が出ます。

ページTOPへ戻る

Q インフィル工事費はどれくらいかかるのですか?

A
ゼロワンオフィスのコーポラティブハウスでは、
住戸価格にあらかじめ インフィル工事費の予算(a) を含んでいますので、
見積り後に確定する 最終のインフィル工事費(b)
住戸価格に含まれる予算(a)との 差額分(b-a) を竣工時に出資いただくことになります。

また、その出資額は、100万円以内の方から1000万円以上となる方まで、参加者や住戸面積によって異なりますが、これまでの平均値を取りますと、約20~25万円/坪(70㎡の場合:約420~525万円)となる方が多いです。

ページTOPへ戻る

Q 内装材や設備をローコストにすれば、取得価格は抑えられるのでしょうか?

A
その通りです。
例えば、無駄を省いたミニマムな設計プランでローコスト住宅を目指す。
これはゼロワンの得意とするところです。

また、仕上げ素材、キッチン、バス、設備機器等、こだわりたいところにコストをかける、といったコントロールが出来ることも魅力のひとつです。

ページTOPへ戻る

Q 住戸価格以外で必要な費用はありますか?

A
最終のインフィル工事費と住戸価格に含まれるインフィル工事費予算との差額。そして、その差額に対する設計費。その他にも、住宅ローン手数料・保険費用・登記費用などの諸経費が必要です。

ページTOPへ戻る

Q 駐車場の価格は住戸価格内に含まれますか?

A
住戸価格には含まれません。駐車場は共用部として扱いますが、賃貸と使用権を組み合わせるケースが多いです。賃貸の場合は、月々の管理費と合わせて、駐車料金を管理組合にお支払い頂きます。使用権の場合は、竣工時に使用権料をお支払い頂き、機械式駐車場の工事費や事業費の一部とします。なお、機械式駐車場を設置する場合は、使用権の方にも若干の管理費をお支払い頂く場合があります。

ページTOPへ戻る

Q 住み始めた後の管理費・修繕費はいくら位かかるのでしょうか?

A
最近の事例では、管理費が専有面積あたり210円(70㎡の場合:14,700円)、修繕費が専有面積あたり90~140円(70㎡の場合:6,300~9,800円)となりました。

なお、管理費・修繕費は、コーディネーターからの提案をベースに建設組合の総会にて決定しますので、管理内容や長期修繕計画によっても異なります。

ページTOPへ戻る

Q 地下のある住戸には、抵抗があるのですが・・・。

A
ゼロワンオフィスでは、コーポラティブハウス第1作目のJ-alleyより地下住戸の活用を積極的に行っています。
実際にお住まいになっている方からも、「予想以上に明るく快適!」と好評を頂いています。
地下住戸についてまとめた 地下住戸の特徴 もあわせてご参照ください。

ページTOPへ戻る

Q 2世帯住居を探しているのですが?

A
法的条件等の妨げが無ければ、玄関を2つ設け、2世帯住戸とすることが可能です。また、募集の早い段階でご参加頂ける場合は、壁の位置をずらし面積を増やしたり、2つの住戸を繋げて1つの住戸としたりすることも可能です。

ページTOPへ戻る

Q 免震構造のコーポラティブハウスはありますか?

A
免震構造はタワーマンションなどの大規模で建築面積の小さい建物に有効な構造形式です。
コーポラティブハウスのような規模の建物では、鉄筋コンクリート造の耐震構造でも充分な強度が出せます。

また、構造設計は信頼の置ける構造設計事務所に依頼し、建築基準法に定められた構造基準に則った設計を行っています。

ページTOPへ戻る

Q 新規プロジェクトの参加者募集は、どのように告知していただけるのですか?

A
メンバー登録(入会金、会費等は無料。)をして戴いた方には、メーリングリストにて優先的にお知らせ致します。
その後、時間を置いてメンバー以外の方からも広くお申込を受け付け始めます。

なお、メンバー登録頂いた個人情報については、新規プロジェクトのご連絡、内覧会のご案内、説明会時に利用する以外には使用いたしません。

ページTOPへ戻る

Q メンバー登録にエントリーしたあとで、希望内容を変更できますか?

A
もちろんできます。お気軽にリクエストをしてください。
変更の際には、 zero-one@01-office.co.jp までメールいただくか、もしくはFAXにて連絡いただければ結構です。

ページTOPへ戻る

Q 気に入った土地があるのですが、候補地として検討してもらえないでしょうか?

A
売りに出されている土地や所有している土地に対して建設をリクエストしたい、もしくは売却したい土地があれば、 zero-one@01-office.co.jp まで情報をお寄せください。当方にて法的条件などの調査、想定建物の検討、概算を算出の上、参加を広く呼びかけます。土地の情報については不動産業者の方の情報提供もお待ちしております。

ページTOPへ戻る

Q コーポラティブハウスは、中古での売却が難しいと聞いたのですが・・・。

A
これまでも数件、中古で売却された住戸がありました。
どれも竣工後2~3年とはいえ、取得時の価格と同程度の価格で売却されています。

これには、デザイン性の高い建物であることもそうですが、
路地状敷地など不動産価値の低い土地にしっかりとした建物を建て、土地価格を相場まで引き上げるというコーポラティブハウスの事業方式にも起因しています。

ページTOPへ戻る