コーポラティブハウス、3つの特徴

1 自由設計

各住戸ごとの担当設計者が
住まい手のご要望やライフスタイル、
インテリアの好みなどをじっくりうかがいながら設計を進めます。

こういった点で、コーポラティブハウスは集合住宅における「注文住宅」と言えます。

ちょっとしたこだわりから、大胆な発想のアイデアまで
集合住宅では無理だとあきらめられていた様々な希望を実現します。

2 透明性+主体性

コストの公開

事業にかかる経費はすべて公開!

一般の分譲マンションでは、販売価格に上乗せされている
間接費(広告宣伝費・事業主利益)を負担することなく、
本当に必要な建物自体のスペックにコストを投入することで
無駄なく高品質な住まいを手にすることができます。

見える建設工事

ゼロワンオフィスでは、設計基準にとどまらずコンクリートの材料試験結果まで入居者の方々にお知らせします。もちろん建設工事の見学も歓迎。また工事写真付の報告書を毎月郵送いたしますので、現場に足を運べない方にも工事の進捗状況がわかります。

顔が見える仕事

設計担当者はもちろん、現場の施工担当者や
建物の構造設計担当者まで知ることができるのは
プロフェッショナルとしてそれぞれが責任を持った仕事をしているからこそ。
ゼロワンオフィスでは構造から設備まで、
無駄なく丁寧に仕事をする信頼できるパートナーを選んでいます。


参加する事業プロセス

ゼロワンオフィスのコーディネートのもと
入居者で建設組合を結成し、
各種契約を組合が直接行います。
完成後の暮らしに直接かかわってくる管理規約、
管理会社の選択なども、あらかじめ決められたものを受け入れるのではなく、
組合の総会の場で、自ら話し合いに参加しながら決定していくことができます。

3 コミュニティ

入居前からお隣の方はお知り合い

コーポラティブのもうひとつの魅力はコミュニティ。

必要以上に干渉することはないけれど…。
近所づきあいの少なくなった現在のマンション生活では、
隣にどんな人が住んでいるのか、
生活が始まってからも顔を見たことすらないというのは不安なものです。

コーポラティブでは同じ価値観を持つ者同士
総会などで何回か顔を合わせるうちに、
連帯感が自然に生まれ、コミュニティ意識が芽生えます。