tpf14.jpg

tpf5.jpg

s-RIMG0596.jpg

s-RIMG0597.jpg

s-RIMG0621.jpg
s-RIMG0531.jpg

s-RIMG0549.jpg

入居して4年が過ぎますが、住んでみていかがですか?

借景にも恵まれ、どこを見てもグリーンが目に入ってきます。三面に窓があり、光の入り方が刻々と移り変わるので、1日家にいて楽めますね。

「今」気持ちのよい場所はどこだろうと、常にベストポジションを探しています。 以前は高層階に住んでいたので、今は地に足が着いた生活をしているなと感じます。

家の中もグリーンやお花がきれいに飾られていますね。

大きな窓の外に、目隠しを兼ねた花台を付けてよかったと思っています。隣の建物が隠れ、外のグリーンが眺められるように、半透明のルーバーの向きが計算されているので、家の中のグリーン→借景のグリーンと、奥行のある風景を楽しめます。

雨風からある程度守られているからなのか、植物も元気に育ち、1年中お花に囲まれた生活ができます。朝は小鳥がやってきて、さえずりが聞こえるんですよ。ここで育てたハーブをお隣の方にあげて、お返しに他のグリーンをもらったりしてます。

他の入居者の方との交流は?

お花見とクリスマス会は毎年開かれていますね。一緒にお散歩や買い物に行ったりもします。

アプローチに2人、3人・・・と人が集まり、井戸端会議になることも。ここはちょうどアプローチの突き当たりにあるので、良く見えるんですよね。子どもが手をふってくれたりして、長屋っぽくていいなと思います。 他の住戸のお子さんが1人で遊びに来ることもありますよ。ここでご飯を食べていくことも。

賃貸で一時入居された方の歓迎会、送別会も行いました。T-treppeに住む人は仲間のような、家族に近い感覚ですね。

こだわられたところ、気に入っているところを教えてください。

家はどこかほっとするところがほしいと思ったので、温かみのある感じにしたかったんです。 テラコッタの階段とか、全て白にせずに木の色をつかうなど。

リビングで寝そべって、見上げたときに見える階段のR(アール)部分は、家族だけが気づく部分かもしれませんが、とても気に入っているところです。あとは住み始めてから、玄関上部の庇に手摺を付けて花台にしてもらったのですが、予想以上に活躍しています。

夏には日除けを兼ねて朝顔とゴーヤを育てたんですよ。朝顔を他の住戸に住む小学生のお子さんにあげたら、ちゃんと育ててくれました。      

設計施工途中の思い出は?

施工途中の現場が見られるというのは、コーポラならではの楽しみ。

予算の都合で諦めた部分もありますが、オリジナルでつくってもらった部分は「自分たちのために考えてつくってもらった」という思い入れがありますね。内装や間取りにとどまらず、例えばタオルハンガーや、紙巻器といった小物までオリジナルでつくってもらいました。

形はシンプルですが、他では見かけたことがないです。あとは設計者とこちらの考えが合わない部分が出てきたときに、話し合って解決してきた過程。 階段を1段増やしてもらったりしました。

創作住居をえらばれたきっかけは?

以前は仕事の帰りが遅くなるとカプセルホテルを利用していたので、職場の近くに家が欲しいと思っていました。

創作住居は都市部に住むには良い選択肢だと思い、説明会を聞きに行ったんです。他の入居者の顔が見え、どこにどれだけお金がかかるのか、自分が支払う分もそうですが、事業全体のお金の動きが目に見えるというのもいいなと思ったんです。

説明会に伺った時点で1住戸(現在とは別の住戸)しか空いていなくて、申し込み書を送ると、一足先に申し込んだ人がいたと連絡がきました。 諦めようと思っていたところ、ちょうど今の住戸のキャンセルが出たと聞き、申し込みに至りました。

結果的には、今の住戸を選ぶように何かタイミングがあったのかもしれません。

創作住居を検討されている方に一言どうぞ。

設計者を信頼して、自分の考えを遠慮せずに、何でも話すことが大切だと思います。こちらでは解決方法が予想できないことでも、なんとか考えてくれます!

そして今のライフスタイルだけでなく、生活の変化を考えてプランを検討されることをお勧めします。後で手直しできるくらいの余裕があるといいのかなと。

ここは子どもたちが独立したら3階の間仕切りをなくそうと考えているんですが、住み始めたら気に入っちゃって、なかなか出て行かないのが想定外でした(笑

奥様が描かれた絵や手作りのリース、グリーンやお花がきれいに飾られ、日々の暮らしを丁寧に楽しまれているなと思いました。玄関を入ってすぐ伸びるテラコッタの階段は、夏にはアイスを食べながら涼んだり、来客時のちょっとした憩いの場になっているそうです。お話の中で印象的だったのは、何度か出てきた「結果的に良かった」というお言葉。ゼロからつくる過程の中で、全てが予想通りとはいかないけど、実際に住んでみてとても満足しているとのこと。手作りケーキとコーヒーを頂きながらとても気持ちのよい時間を過ごし、「1日家にいて楽しめる家」を体感できました。帰る際、お隣のお子様に「ケーキあるけど食べてく?」をお声かけされていたF様。そんな関係が育まれていることがとても嬉しく、そして羨ましく思いました。

住まい訪問 一覧

Vol.11

11 H邸 / sakuramira / 奥沢

Vol.10

10 H邸 / sakuramira / 奥沢

Vol.09

09 Y邸 / clanka / 上野毛

Vol.08

08 M邸 / ARCO / 仙川

Vol.07

07 F邸 / T-treppe / 弦巻

Vol.06

06 S邸 / N's Bau / 西原

Vol.05

05 I邸 / 三茶ハウス / 三軒茶屋

Vol.04

04 S邸 / T-treppe / 弦巻

Vol.03

03 F邸 / J-patio / 自由が丘

Vol.02

02 O邸 / 三茶ハウス / 三軒茶屋

Vol.01

01 O邸 / M-split / 三鷹

メンバー登録はこちらメンバー登録はこちら