s-RIMG4305.jpg

photo08_0.gif

s-RIMG4303.jpg

s-RIMG4309.jpg

s-RIMG4319.jpg

s-RIMG4323.jpg

s-RIMG4342.jpg

s-RIMG4330.jpg

入居して約8ヶ月が経ちますが、住んでみていかがですか?

とにかく、家にいる時間が楽しくなりました。

入居した当初は新しい家具に囲まれ過ぎて、正直少し落ち着かなかったのですが、アンティークの家具やグリーンを置いていくと新旧のバランスが取れ、今はもう自分達の暮らし方にも馴染んでいますね。

グリーンについては、これからもう少し買い足したいと思っています。

地下住戸についてはいかがですか?

コーポラだったら地下階のある住戸にしようと決めていたので、地下住戸への抵抗はそれ程ありませんでした。

実際に住んでみると、当初聞いていた通り、夏は涼しく、冬は暖かいです。とくに夏は涼しくて、エアコンはほとんど使いません。使うのは、お風呂上りの時くらいですね。

階段上の吹抜けを生かして、1階から入った光を地下階のLDKに届ける設計になっているので、晴れた日はひまわり(*下記参照)だけをつけておけば、充分に明るいです。照明の数は、少し減らしても良かったかもしれません。

また、窓の外からの視線を気にしなくてもいいので、昼間はカーテンを開けて、ドライエリアに植えた植物を楽しめるのも、地下住戸の魅力ですね。

*ひまわり :屋上の集光機で集めた太陽光を光ファイバーを通して屋内に届ける採光システム。

M邸は、平面的に軸を振った「斜めの壁」と「素材・色」の選び方が特徴的ですね。

設計打合せを始めた頃は、自分達でも図面に線を引いていろいろと間取りを考えていましたが、この意外性のある「斜めの壁」は、まったく想像していませんでした・・・。

ただし、提案してもらった瞬間に「格好いいので、この方向で行きましょう!」と自然に伝えていました。とても気に入っているところです。

「素材・色」については、全体はシンプルなものを選びつつ、1つの空間にアクセントとなる面を1つ、つくるようにしました。例えば、LDKなら左官仕上げの壁、寝室ならダークブラウンの塗装壁というように。

設計関係の仕事をされている奥さまにとって、とくにこだわられたポイントはありますか?また、お仕事での経験は役立ちましたか?

似た仕事をしているぶん、逆に今回は、施主の立場を楽しむことを意識していました。

また、私たち共通の要望はシンプルで、「水周りが広めの1LDKであること」と「コストバランスやメンテナンス性の良い製品を使うこと」でした。なので、間取りやデザインについては、ゼロワンオフィスさんからの提案を採用させてもらいましたし、「素材・色」についても、イメージと希望を伝えて、ほとんどは選んでもらった中から決めました。

それでも、打合せで図面や見積書が並ぶと、頭が仕事モードに切り替わる時もありました・・・、仕事柄しょうがないですよね(笑)。

ちなみに竣工後、同僚を家に呼んだときは、「すごい家だねー!」って、みんな驚いていましたよ。

入居者間のコミュニティはいかがですか?

皆さんそう感じていると思うのですが、同じ建物に住んでいる家族同士が全員知り合いであることは、防犯意識としてはもちろん、住まいへの安心感に繋がっています。

また、ある日の夕方、ばったり出会った時に言った「ちょっと家に寄っていく?」の会話から、他の住人も呼んだ小さなパーティになったこともコーポラのコミュニティならではなのでしょうね。

創作住居を選ばれたきっかけは?

住まいを探していた当初は、新築マンションや中古マンションのリフォームを考えていましたが、なかなか良い物件に出会うことができずにいました。そんな時に目に止まったのがコーポラティブハウスでした。

はじめ狙っていた住戸(ゼロワンでも数少ない地下階だけの住戸)がすぐ決まってしまったので、検討するのを止めようかとも思ったのですが、昔住んでいた場所とも近く、ピンポイントで探していたエリアだったので、説明会に参加していまに至っています。

創作住居を検討されている方に一言どうぞ。

設計打合せでは、思いのたけを伝えればすべて形にしてくれるので、遠慮なく要望やこだわりを伝えたほうがいいですよ。そして、参加する側も手抜きすることなく関わっていけば、必ず満足のできる住まいができあがります。私たちがまさにそうですから!

M邸は、奥様が設計関係の仕事をされているだけあって、どの部屋も、空間と家具とが素晴らしくコーディネートされていました。とくにご自身で設計・製作されたTVボードと、新たに購入されたリビングテーブルは、建築工事で行ったキッチンカウンターと同じウォルナット材を使用することで、空間に統一感が生まれていた点はさすがでした。 そして、インフィル設計は「すべてにこだわった。」というMさん夫妻からは、今回の取材を通して、コーポラティブハウスであることのメリットを最大限に楽しむという姿勢。さらには『たくさん悩んで、たくさん考えた分だけ、理想の住まいやライフスタイルが実現できる。』という、住まいに対して積極的に関わっていく気持ちの大切さを教えられました。

住まい訪問 一覧

Vol.13

13 T邸 / tradica / 吉祥寺

Vol.12

12 松島邸 / a-blanc / 赤堤

Vol.11

11 H邸 / sakuramira / 奥沢

Vol.10

10 H邸 / sakuramira / 奥沢

Vol.09

09 Y邸 / clanka / 上野毛

Vol.08

08 M邸 / ARCO / 仙川

Vol.07

07 F邸 / T-treppe / 弦巻

Vol.06

06 S邸 / N's Bau / 西原

Vol.05

05 I邸 / 三茶ハウス / 三軒茶屋

Vol.04

04 S邸 / T-treppe / 弦巻

Vol.03

03 F邸 / J-patio / 自由が丘

Vol.02

02 O邸 / 三茶ハウス / 三軒茶屋

Vol.01

01 O邸 / M-split / 三鷹

メンバー登録はこちらメンバー登録はこちら