s-photo10_04.jpg


s-photo10_03.jpg


s-photo10_05.jpg


s-photo10_06.jpg



入居して約5年が経ちますが、住んでみていかがですか?

地下の暮らしは、落ち着く感じがとても気に入っています。ドライエリアの窓を開けると、風が抜けて気持ちがいいです。奥沢は以前からずっと住みたいと思っていた場所。高い建物が少ないですし、緑が多く、夜もすごく静かで、街を歩いている人たちもなんとなく幸せそうです。

創作住居を選ばれたきっかけは?

以前は分譲マンションに10年ほど住んでいて、リフォームして暮らし続けるか、売却して引っ越すか、1~2年くらい考えていました。友人がゼロワンオフィスで自由が丘のプロジェクトがあると教えてくれ、メンバー登録をしました。

当初この部屋は3層の小さな間取りで、もう少し広めがいいなと思っていたら、途中プランが変更に。すぐに電話して翌日に説明会に参加し、とても気に入ってその翌日に申し込みをしました。

コーポラティブハウスは実際いかがでしたか?

お仕着せの間取りではなくて、自分たちが暮らしやすい空間作りがしたいと思っていました。

コーポラがどこまで自由なプランができるのかわかっていませんでしたが、水栓など小さなところから自分たちの気に入ったものを選べ、窓の大きさや形、位置までもプランニングの範囲で、考えていたよりもずっと自由度がありました。

外観のアウトラインがある程度決まっていて、インフィルを中心に自分たちの思う空間に仕上げていくというのはハードルが高すぎず、良かったと思います。

こだわられたところ、気に入っているところを教えて下さい。

吹き抜けを変形にした部分は、とくにゼロワンのスタッフと試行錯誤しながら考えました。階段に合わせて壁にアールをつけたり、そのアールの壁が地下の部屋では下がり壁の状態で伸びていくアイデアが出てきたり。外の植栽も含めて考えてもらって、こちらからも意見が出せました。

階段は、上り下りするときにある程度ゆったりするように少し広めにし、座って桜を眺められる気持ちのいい場所になりました。

キッチンの位置は、外へのつながりを作りたくてドライエリアにまっすぐ続くようにしました。外にも出やすくて、この配置は気に入っています。

地下住戸についてはいかがですか?

地下住戸に対しては抵抗というより興味がありました。

それまで住んでいた分譲マンションが一日中太陽を満喫できる間取りでした。でも、はじめは南西側に富士山と夕日が見えて良かったのですが、マンションが建ってしまって、今まで見えていた景色が消えてしまった。

太陽の動きを一日中感じられる暮らしは、その良さもありますが、日差しをさけてブラインドを閉じる時間も長かったように思います。年中光の当たる生活をしていたので、逆に北向きの地下住戸に住むのって面白いんじゃないかなと考えました。パリのアトリエは光が安定している北側に面してつくると聞いたことがあり素敵だな、と。

海外の住宅を見ても家の中は暗めにして明るい外の風景を眺めるイメージがありました。地下でもホントに真っ暗だったら嫌だと思いますが、吹き抜けと南側、北側の2カ所のドライエリアからやわらかな光が入るので、明るさは感じられています。

直射がない分夏場は暑さが少なく、外から帰ってくると家の中が涼しいと感じるほど。冬場も床暖房だけで、エアコンは使わずに済んでいます。また、湿気の心配がありましたが、ピットの収納も換気扇を回しているからか、本を置いていますが問題ないです。

条件にもよるでしょうが、地下に住む良さはプライベート感があること。吹き抜けや緑の配置を上手に考えることで外部とのつながりが深まる気がします。洞窟とかに近い、包まれている安心感というのでしょうか。地下の暮らしの土との近さは、なんとなく落ち着きます。

創作住居を検討されている方に一言どうぞ。

自分たちで住空間を考えていくのは、自分たちのライフスタイルを見つめなおすきっかけになって楽しかったです。

気に入った素材を部分的にでも取り入れられることの喜びもあります。どういうものを求めていて、どのように暮らしたいのか。やりたいことを集約していく過程を「なるほど」と発見しながら進めていくといいと思います。

あとは、好きな街に住む幸せ感は大きく、ここがいいと感じる場所を選ぶこともすごく大切だと感じています。

H邸は、地下のリビングからドライエリア上部を眺めると、緑道の緑に光があたって、とても気持ちのいいお部屋でした。地下にお住まいの方、みなさん口を揃えて落ち着く空間だとおっしゃいます。Hさんは更に、マンション最上階から地下へ移り住み、その上で地下の良さを感じていらっしゃいました。お話を伺っていて、愛着を持って住まわれているなぁというのがとても伝わってきました。「コーポラはライフスタイルを見つめなおすきっかけになった」とのこと、とても印象に残っています。自分たちに必要なものとそうでないものをより分けられる住まいがコーポラティブハウスだなと改めて感じた住まい訪問でした。

住まい訪問 一覧

Vol.11

11 H邸 / sakuramira / 奥沢

Vol.10

10 H邸 / sakuramira / 奥沢

Vol.09

09 Y邸 / clanka / 上野毛

Vol.08

08 M邸 / ARCO / 仙川

Vol.07

07 F邸 / T-treppe / 弦巻

Vol.06

06 S邸 / N's Bau / 西原

Vol.05

05 I邸 / 三茶ハウス / 三軒茶屋

Vol.04

04 S邸 / T-treppe / 弦巻

Vol.03

03 F邸 / J-patio / 自由が丘

Vol.02

02 O邸 / 三茶ハウス / 三軒茶屋

Vol.01

01 O邸 / M-split / 三鷹

メンバー登録はこちらメンバー登録はこちら