RIMG0026.JPG

IMG_2456.JPG

P1040867.JPG

P1260108.JPG

P1040871.JPG

P1040876.JPG

P1040884.JPG

シェード.jpg

コーポラティブハウスを選ばれたきっかけは?

もともと陶器や漆器に、革や木を使った素材感のある家具が好きだったので、そういった好きなものを合わせた空間で暮らしたいなと思っていました。

当初は、奥沢や自由が丘近辺で分譲マンションを探していましたが、なかなか思ったような物件がなくて、たまたまインターネットでコーポラティブという住まい造りの方法があることを知ったのがきっかけです。

コーポラティブハウスの話を聞くうちに、時間はかかるけれども、好きな空間や色・素材のイメージを膨らませることができるこの方法が自分に合っているのではないかと思いました。

コーポラティブハウスを造るにあたってのコンセプトは?

自分が落ち着く空間は、和のイメージをできるだけシンプルに洋室に取り入れたものだということが、なんとなく分かっていたので、ベースは機能的な洋室で、陶器や漆器、和箪笥など和のインテリアがさりげなくポイントとなる空間を目指しました。

ゼロワンさんには、イメージとして「日本が大好きで、骨董品などを集めている外国人の部屋みたいにしてください。」と伝えました。

和室は天井の高さを低く、あえて暗く落ち着く空間にしていますが、色や素材はシンプルに抑えて洋に通じるモダンな感じにしています。

入居して約7年が経ちますが、住んでみていかがですか?

とても居心地がいいです。 

冬は床暖房に南側の大きな窓から入る光が暖かく、夏は和室で風を通しながらのんびり過ごしたり、好きな場所を見つけて移動している感じです。

最初、図面で見ていたときは、住み心地まではよく分からなかったのですが、一年間、四季を通して住んでみて、光や風の入り具合や、昼と夜の雰囲気の違いなど、小さな違いが楽しめて発見があります。料理が好きなのでキッチンに立つことが多いのですが、南側の家の中心にキッチンを作って良かったなあ、といつも思います。

プロジェクト進行中の思い出はありますか?

プロジェクトの最初に、入居者同士で居酒屋さんで顔合わせ兼飲み会のようなものがあり、そこで各自「今、こんなことを考えています」とプランの発表を行いました。
皆さん素敵なテーマがあって、聞くのがとっても楽しかったです。

周りにコーポラティブハウスに住んでいる人もいなく直接話を聞くことが難しいので、まず入居者が仲間となって、「床材はどうしました?」など情報交換をしたり、一緒に悩んだりしていました。

入居者間のコミュニティはいかがですか?

建物ができるまでは、なかなか細かいことを相談できる相手が回りにいないので、節目節目で「ちょっと集まろうか」と言っては、みんなで熱く、床や壁・ドアノブ・キッチンの仕様やサッシの形状まで語って、コミュニティで苦楽をともにしました。 

特に後半は、本当に期日までにできあがるのか、とか、最初の見積もりが高すぎてどうしよう、とか、不安なことも結構あったのですが、皆さんで集まって話すことで、壁を乗り越えてきた感じです。

入居してからはホッとしたのか、そういう熱い集まりは無くなりましたが、入居前からお互いのことをよく知っているので、外でばったり会ったら小さいお子さんまで挨拶してくれるし、それでいて、適度な距離もある感じで住んでいます。

創作住居を検討されている方に一言どうぞ。

自分が住むところを自分で考えて造ってみたい、と思う人は、ぜひトライされると良いと思います。最初は何も分からなくても、心地よさのイメージが少しでもあれば、あとはゼロワンさんがうまくフォローしてくれると思います。 

例えば私は、いくつかあるデザイン案のうち、リビングにRの壁を施すと良さそうだと思ったのですが、その壁の質感を高めて電気スイッチなども隠せるような厚みのある塗り壁を提案してくれたのは設計士の方でした。

確かに壁に厚みがあると、土づくりの家のような陰影のある不思議な雰囲気が家の中心にできて、夜、暗めの照明をつけるととても落ち着いた空間になります。

こういう空間の質というものは、設計段階では分かりませんでしたが、入居して初めて実感でき、今も心地よく感じている部分です。
それまで住んできた規格型のマンションではこういう空間の面白さは想像ができなかったですね。

Rの壁以外にも、好きな海外のペイズリー柄の壁紙をトイレに貼ったり、寝室に地中海ブルーの壁紙を貼ったり、思い切って冒険したところが、一番自分としてしっくりなじんだところです 。

H様は、アンティークの和箪笥や行灯などを、転勤先の米国ニュージャージー州まで持っていったり、和室の襖の唐紙を選ぶのに、京都の「唐長」のサロンや修学院の工房に何度も足を運ぶなど、家具やインテリアへのこだわりがとてもある方です。住まいに合わせた家具を選ぶ方が多い中で、愛着のある家具や小物が活きるように、住まいの空間を考えた、という発想は斬新で、それが実現できるのもコーポラならではだと思いました。 H邸は、京都のご出身で留学や海外赴任経験など、ご自身も和洋のどちらの文化も好きというHさんの考えが住まいに調和しています。

住まい訪問 一覧

Vol.13

13 T邸 / tradica / 吉祥寺

Vol.12

12 松島邸 / a-blanc / 赤堤

Vol.11

11 H邸 / sakuramira / 奥沢

Vol.10

10 H邸 / sakuramira / 奥沢

Vol.09

09 Y邸 / clanka / 上野毛

Vol.08

08 M邸 / ARCO / 仙川

Vol.07

07 F邸 / T-treppe / 弦巻

Vol.06

06 S邸 / N's Bau / 西原

Vol.05

05 I邸 / 三茶ハウス / 三軒茶屋

Vol.04

04 S邸 / T-treppe / 弦巻

Vol.03

03 F邸 / J-patio / 自由が丘

Vol.02

02 O邸 / 三茶ハウス / 三軒茶屋

Vol.01

01 O邸 / M-split / 三鷹

メンバー登録はこちらメンバー登録はこちら