猫も一緒に過ごすオーダーメイドの本棚

DSC00964.JPG

a_blanc_h_1.jpg


IMG_0872-2.jpg


DSC00984.JPG


DSC00990.JPG


IMG_1105-h.jpg

コーポラティブハウスへの参加に至った経緯をお聞かせください。

もともと実家の近くで分譲マンションなどを探していましたが、なかなか良いと思うものに出会えませんでした。どうしようかと思っていた時に、同僚からコーポラティブハウスのことを聞いたのが、興味をもった最初のきっかけです。自由に設計しながら、かつ日常的な管理は管理会社が対応してくれるというしくみは良いと思いました。戸建て住宅はメンテナンスが大変そうで、自分には無理かなぁと思っていました。

松島邸はオリジナル本棚が特徴的ですね。これは最初からイメージしていたのですか?

いえ。本をたくさん持っていること、本棚のある家に憧れているということは設計者に伝えましたが、ここまでオリジナルなものをつくることまではイメージしていませんでした。個室を壁で区切らずに広く使うにはどうやって仕切ろうかと考えていたときに、床に段差を設けてそこに本棚をつくるという案が出てきました。

一般的な本棚と比べるとグリッドも大きく、また変則的ですね。

ここに置いている本はビジュアルブックが中心で、サイズもまちまち。奥行のある本があったり、分厚い本があったり。一般的な本棚だと入らないこともあるので、グリッドは大きくしてもらいました。無駄なスペースが多いように見えるかもしれませんが、変形の本が多いこともあり、また部屋の中央にあるので見栄えも大切にしたくリズムをつけてもらった結果、このようになりました。さらに、本って意外と重いんですよね。紙の塊のようなものなので、普通の本棚だと曲がってしまうこともあります。最終的に合板(ラーチ合板)でつくった本棚はかなり丈夫で、安心です。

猫の通り道、猫のトイレ、といった設えもオリジナル。もともと猫と一緒に暮らすことを視野に入れて設計を進められていましたね。

猫を飼いたいとずっと思っていました。なので、猫と遊べる本棚がいいな、猫用のトイレはどうやって隠そうかな、といろいろ考えながらつくりました。

竣工後、本当に偶然に猫を譲り受けることになりました。ただ、最初は猫についての知識もありませんでしたので、招き入れたときは発見の連続でした。例えばものすごい運動量だと知り、横移動だけでなく縦移動もできるように、後でキャットタワーをつくったりしました。いまはテレビボードから木のサッシカバーを通ってキャットタワー、といったように楽しく移動しているみたいです。

なるべく広く感じられるように

DSC00981.JPG

玄関とキッチンとの位置関係も、特徴的ですね。

部屋全体のイメージは、完全に個室を区切るのではなくて、大きなワンルームのように空間がつながっている家。リビングも、決して広くない空間を有効に使ってなるべく広く感じるような方法を考えて、玄関からすぐ通じるようにしました。普通なら玄関からリビングが見えないようにクランクさせたりしようと考えますが。

ですので、玄関のすぐ隣にキッチンがあり、下足入れと兼用するというアイデアも、自然と受け入れることができました。設計者から「嫌かもしれませんが・・・」と前置きされつつ、キッチンはコンロと流し台とを分けてレイアウトして、片方を下足入れと兼用してはどうかと提案を受けました。結果としてキッチンの使い勝手もよく、部屋も広く使うことができています。

玄関とキッチンとの間のガラスも、気に入っています。もともと鉄のフレームとガラスという組み合わせが好きで、あこがれていました。インテリア雑誌等で見て、部屋の間仕切りに使えたら素敵だなぁと思っていましたが、先に言ったように部屋を広く使う目的で間仕切りにはせず、代わりにここで使うことになりました。玄関からの程よい目隠しにもなり、またガラスなので手元が暗くもならず、満足しています。

自分の中で物差しができる

DSC00974.JPG

コーポラティブハウスを検討されている方に、オススメをお聞かせください。

ものごとを知れる機会がたくさんあったことが、自分にとって一番良かったことだと思っています。建築に関する法律とか、どのような流れで設計が進んでいくのかとか、もっと細かい話で言えば、タイルにはどういうものがあって、それぞれ金額はいくらか、とか。完成したものを買ったのでは知れなかったであろうことも、知ることができました。このように、知ることで自分に新しい物差しができるのは良いことだと思っています。一般的な考え方・意見とは違うかもしれませんが・・・。

他の例を挙げれば・・・、管理組合の役員だった年に管理組合の年間の領収書を見たのですが、そういうものを見ていないと、高いのか安いのかが分かりません。植栽の剪定が年間何回でいくら、とか。もちろん知らなくても大丈夫なのでしょうけれど、主体的に知ることで、その金額の妥当性が分かるようになっていきます。それが分かる人生の方がいいなぁと思うんです。たくさんのことを知ることができるという点で、コーポラティブハウスはオススメです。

松島さんは、「モノの金額やプロセスを知る」ことへの意識を明確にもたれていました。細かい部分も含めて「知っている自分」と「知らずにいる自分」、どっちがいいかと考えたときに、知っている自分の方が良い。松島さんのようにここまで考えている方は少ないのではないでしょうか。たくさんの本に寄り添うように過ごせるオリジナル本棚。愛猫のための仕掛け。そして、全体的に空間を広く感じさせるためのレイアウトの工夫。ひとつひとつのこだわりを形にしつつ、プロジェクトを通してたくさんの知識を得ることができたそうです。本棚とキッチン側板の統一感が印象的な合板も、竣工後時間を経てその色を少しづつ変え、良い味を出しているように感じました。

住まい訪問 一覧

Vol.13

13 T邸 / tradica / 吉祥寺

Vol.12

12 松島邸 / a-blanc / 赤堤

Vol.11

11 H邸 / sakuramira / 奥沢

Vol.10

10 H邸 / sakuramira / 奥沢

Vol.09

09 Y邸 / clanka / 上野毛

Vol.08

08 M邸 / ARCO / 仙川

Vol.07

07 F邸 / T-treppe / 弦巻

Vol.06

06 S邸 / N's Bau / 西原

Vol.05

05 I邸 / 三茶ハウス / 三軒茶屋

Vol.04

04 S邸 / T-treppe / 弦巻

Vol.03

03 F邸 / J-patio / 自由が丘

Vol.02

02 O邸 / 三茶ハウス / 三軒茶屋

Vol.01

01 O邸 / M-split / 三鷹

メンバー登録はこちらメンバー登録はこちら