フルオーダーのキッチン

0153-3.jpg

竣工して5年が経ちますが、入居者同士のコミュニティはいかがですか?

普段からよく顔を合わせます。4世帯と小規模ということもあり、つかず離れずのほどよい距離感を保つことができていますね。生協を一緒にとったり、学校についての情報を教えてもらったり。子供の出産で大変だった時に、上の子供を預かってもらったこともあり、とても助かりました。

内装について、こだわった点はどこですか?

時間が経つにつれて劣化するのではなく味わいが出る住まい。その点はものすごくこだわりました。日本の住宅は外国と違って、築年数が経つとほぼ価値がなくなってしまいますよね。こうした流れに抗うわけではないですが、趣味が共鳴しさえすれば客観的な資産価値は下がらないようにしたかったんです。実際、時間が経っても色褪せず価値を持ち続ける住まいになったと思っています。

味わいが出るものの好例が、ドライエリアにつながる床タイル。年数が経って踏みしめると目地のモルタルにヒビも入るだろうけれど、それも含めてかっこよくなればと思います。目地を広めにして、モルタルの素材感を表現しました。キッチンのカウンターも、わざと表面を粗く仕上げています。「どこまでラフさを表現できるか、ちょうど良いところでストップって言ってください」なんて言われながらつくりました。

キッチンはフルオーダーで、火力にこだわったコンロが備えられています。

業務用のコンロなのですが、これはすごく良いです。もうコンロはこれ以外使えません。普通の火力のコンロを使うと、物足りないと思ってしまうくらいです。夫婦とも実家が飲食店で、設備が比較的整った環境で育ったこともあって、キッチンにはこだわりたいと思っていました。

キッチンを「このように楽しく使っている」といったエピソードはありますか?

カフェを経営しているのですが、そこで出す商品の試作で、オーブンなどが大活躍しています。またそれ以外でも、お菓子をつくって振る舞ったりと、楽しみながら使っています。こだわって良かったです。

使い方を決めない土間空間

-2DSC00902.JPG

DSC00886-2.jpg


0218.jpg


IMG_8474.jpg


DSC00934.JPG


0281.jpg


IMG_8598.JPG

1階は、玄関と連続する土間空間が特徴的です。

最初はある程度使い方を想定していましたが、今はあまりその通りに使っておらず、また限定もしていません。自転車を置いたり、いただいた絵を飾ったり。以前、カフェを始める前に縁があってエスプレッソマシンを買ったのですが、お店の大部分を陣取るくらいの大きさのマシンを、当時はここに置いてエスプレッソを淹れる練習をしました。

1階に限らず、余白が結構あるんです。一見、何に使うの?っていう。螺旋階段下とか、リビングの本棚の前の一段高くなっている部分とか。ここでは子供も遊ぶし、この一段高くなっている部分をステージにしてバイオリンの練習をしたり。いまは「何をするための部屋」というように無理に決めなくても良いと思っています。住まい手によっていろいろな使い方が考えられるから、「どうやって使おうか」と想像するのも面白いですよね。

地下住戸での暮らしはいかがですか?

良いですよ。不安もありましたが、結果、心配ありませんでした。別のコーポラティブハウスの地下住戸に住まれている知人から、何の問題もないと聞いていたのも安心材料でした。夏は涼しくて冬はあたたかい。地震でも揺れません。湿度に関しても、あまり地上階と変らないというのが実際の感覚です。まったく問題ないですね。

プロジェクト進行中楽しかったこと、苦労したことなどはありますか?

仕上げ材の一つ一つを、様々な選択肢の中から選ぶことができたのが楽しかったです。例えばリビングのフローリングはチーク材で、白い塗装をふき取っています。一般的な選択肢には出てこないですよね。選んだ結果はすごく良い。裸足での歩き心地が抜群。これを一生知らなかったかもしれないと思うと、知ることができてラッキーだと思いました。

一方で、選択肢が無限にあるようなものなので、それを苦労と言うのであれば、苦労したのかもしれません。決定権が自分にあるというのは責任重大です。ただ実際はそれが楽しくもありました。

コーポラティブハウスを検討されている方に、オススメをお聞かせください。

住むことを真面目に考えて住まいづくりに活かすチャンスは人生に何回もありませんが、新築の集合住宅という枠の中でそれができるのはコーポラティブハウスだけだと思っています。さらに、どこにどれくらい払うのかが目に見える。無駄だと思うものにコストをかけずに済む。それがコーポラティブハウスの良いところだと思います。

打合せを重ねてつくっていく。その時間は長かったのですが、私はこの時間も資産だと思っています。その時間を味わえるのは、コーポラティブハウスだけなのではないでしょうか。

Nさんはあまり最初に想定していた使い方にこだわらず、柔軟に、そして自由に住まいを使いこなしていました。普段は何でもないリビングの一角が、お子さんのバイオリン演奏の簡易ステージに変わるというのも面白いですね。目的を限定せず、様々な使い方ができる余地を残しておくことが、暮らしのゆとりにつながるのだと感じました。ひとつひとつにこだわり、時間が経ってからのことを考えて、何度も打合せを重ねて選んだ素材の数々。成長する住まい、楽しみです。

住まい訪問 一覧

Vol.14

14 N邸 / cocasa / 中目黒

Vol.13

13 T邸 / tradica / 吉祥寺

Vol.12

12 松島邸 / a-blanc / 赤堤

Vol.11

11 H邸 / sakuramira / 奥沢

Vol.10

10 H邸 / sakuramira / 奥沢

Vol.09

09 Y邸 / clanka / 上野毛

Vol.08

08 M邸 / ARCO / 仙川

Vol.07

07 F邸 / T-treppe / 弦巻

Vol.06

06 S邸 / N's Bau / 西原

Vol.05

05 I邸 / 三茶ハウス / 三軒茶屋

Vol.04

04 S邸 / T-treppe / 弦巻

Vol.03

03 F邸 / J-patio / 自由が丘

Vol.02

02 O邸 / 三茶ハウス / 三軒茶屋

Vol.01

01 O邸 / M-split / 三鷹

メンバー登録はこちらメンバー登録はこちら