tradica 104/吉祥寺東町

 
JR中央線/京王井の頭線
「吉祥寺」駅徒歩9分
 
専有面積:83.46㎡
住戸価格:6,480万円
 
11/12申込受付、審査中
審査が終わり次第募集終了です
 
個別内覧予約はコチラ

2011年竣工のコーポラティブハウス#10【tradica/吉祥寺東町】。
吉祥寺駅から徒歩9分と近く便利で、かつ静かな住宅地にあります。
 
「traditional=伝統」と「radical=根源」という言葉を組み合わせた建物名が示すとおり、緑豊かな武蔵野の面影を残して継承した、この地に愛着をもって暮らすためのコーポラティブハウスです。 2012年、日本建築家協会主催の優秀建築選に選出、また、イギリスの雑誌「Architects' Journal」にも取り上げられました。
 
こだわってつくり愛着をもって過ごしながらも事情あって手放さざるを得なくなってしまったオーナーから、気に入ってくれる方にお譲りしたいと相談をいただきました。広い土間ギャラリーと居心地の良い地下リビングが特徴の、104号室の入居者を募集中です。

里庭をイメージした緑豊かなアプローチ

 

   
保存されたシンボルツリー松の木をはじめ、カエデ、梅、ヒメシャラ、トキワマンサクなど、様々な種類の木々が出迎える「里庭」をイメージしたアプローチを歩いた先に、104号室はあります。
 
建物の多彩な素材と植物とが豊かな表情をつくり出し、日々通るのが楽しくなるような空間です。
 
足元は、ウッドチップを混ぜ合わせた舗装材。平滑なモルタル仕上げとするのではなく、建物に、住宅らしい木素材のあたたかさを付加しています。

大きな土間空間


 

104号室は、1階+地下1階のメゾネット住戸です。
 
まず玄関を開けると、突き当たりまで続く大きな土間空間が現れます。
奥行き長さ約6.8mに及ぶこの土間空間では、自転車を持ち込んでのメンテナンスも可能。自転車が好きなオーナーがこだわってつくった、自由設計のコーポラティブハウスならではのポイントです(別途共用部に屋内駐輪場があり、利用可能です)。
 
また、奥まで続くコンクリート打放し壁に絵画や写真、雑貨等を飾ったりしても楽しそう。突き当たりの手摺をガラスにすることで奥行感を最大限に高め、1階がまるでアートギャラリーのような象徴的な空間になっています。実用的な使い方として、オーナーはコンクリート型枠留めの穴にフックを取り付け、そこに服やバッグを掛けて活用していました。
 
中央の下足収納も存在感があるだけでなく、幅約90センチの収納棚が3つ並んだ構成で収納力も抜群。ギャラリーを形づくる一つの家具でありながら、土間空間と上足空間をやわらかく区切る境界をつくり出します。